このページはフレームが組まれています。
コチラをクリックして全体を表示させて下さい。
旅に必要不可欠な旅行保険
▼国内旅行保険・海外旅行保険
旅行先で病気になったりケガをしたり、誤ってものを壊してしまったときなどにかかる費用を補償する損害保険が旅行保険です。

海外などでは日本の常識が通用しないケースが多々あります。救急車が有料だったり、治療費も日本と比べてばく大な額だったり、あるいは日本ではささいなことと思われるもので高額な損害賠償を請求されたりすることがあったりします。海外旅行保険でカバーされる代表的な補償項目について下記の一覧表で見てみると、自分が注意していても避けられないトラブルが起こることも少なくありません。

旅行保険は転ばぬ先のつえ。保険金の支払い受けずにすめば、もちろん、そのほうがよいのです。安全で楽しい旅にするためにも、ぜひ加入しておきたいものです。




▼保険に入るタイミング
海外旅行保険は、海外に滞在している間だけでなく、自宅を出発して帰宅する間も補償対象となりますから、出発前に加入しておくのが原則です。海外に行ってから日本の保険に加入することはできません。

加入の方法は次のふたつに大別されます。


・保険会社や旅行会社のカウンターで申し込む
・インターネットで申し込む


最近では、大手の保険会社はどこもインターネットによるオンライン契約ができるようになっており、契約内容によってはカウンターで申し込む場合より割安になるケースがあります。補償内容の詳しい説明を受けたり、特定の補償を厚くしたり、一部の補償だけを契約したりする場合は、カウンターでの申し込みの方が手間がかからないかもしれません。

オンライン契約では出発当日でも加入できますが、カウンターへ出向くにせよ、補償内容をしっかり確認することが必要ですから、余裕を持って早めに加入手続きをとりましょう。



▼加入しておきたい補償
海外旅行保険は転ばぬ先のつえですから、加入した保険を使わずにすむほうが良いわけです。
ただ、注意していても起きてしまう出来事に対する準備ですから、万一のケースに遭ったときを想定して冷静に、かつ十分な補償を考えたいところです。



損害賠償は1億円以上を!
旅行保険というと病気やケガへの対処がまず頭に浮かぶものですが、損害賠償に対する補償はもっとも重要なひとつです。海外ではとくに欧米を中心に、過失による損害に賠償責任を厳しく求めてきます。日本も変わってきているとはいえ「わざとじゃないんだから……」と、過失への責任追求は比較的甘い国といえるでしょう。
損害賠償保険金が支払われたケースは、病気やケガに比べると少ないですが、巨額の請求を受けることがあるだけに万全の準備が必要です。セットプランでも最近は損害賠償を1億円程度と設定しているものが主流になっているように、1億円は最低ラインと考えたほうが良いかもしれません。クレジットカードの付帯保険では、損害賠償額が低いものが多いので、併用する場合はとくに注意しましょう。


病気やケガの治療費は十分に
海外の医療費の高さはよく盲腸の手術費用を例に、日本なら20万円ほどですむものがアメリカでは数百万円もかかる――といわれてきました。これは現在も変わることなく、額に差はあるにせよ、海外ではどこでも日本より医療費は高額と考えて準備する必要があります。医療事情は国により、同じ国でも都市により大きく異なります。救急車が有料の国もありますし、治療に先立って保証金が必要なところもあったりします。
疾病治療・傷害治療の望ましい補償額は一概にいえませんが、別途生命保険に加入している人ならば、疾病死亡・傷害死亡よりも治療費関係の補償を重視するのが現実的な選択といえるでしょう。
エコノミークラス症候群が注目され、SARSの再流行が懸念されるなど、病気とはふだん縁のない人でもかかってしまう可能性はけっして小さくありません。渡航先の医療環境や状況も踏まえて補償額を決めましょう。なお通常の歯科治療はカバーされないことにも留意しておく必要があります。


買い物旅行に携行品の補償は不可欠?
疾病・傷害治療に次いで保険金の支払いが多いのが携行品損害です。バッグやスーツケースを盗まれたりカメラを壊されたなど、身の回り品への損害補償です。ただし置引きの場合は補償されません。
携行品損害は補償額の上限を設定しますが、その額はさまざまです。セットプランには必ず含まれていますが、最近では限度額を選べるセットプランが登場しています。ショッピングが目的で海外へという人なら厚めに、そうでないならば最小限にというように、旅の目的に合わせて調整できます。
海外はおしなべて日本に比べて盗難の危険度が高い、というデータもあります。最小限の補償はかけておくほうが良いでしょう。


渡航先が多い旅では寄託手荷物の補償も
日本へ帰国したときならばともかく、渡航先で預けた荷物が遅れたときは非常に困ります。間違った飛行機に載せられた場合など、手元に戻るまで数日を要することもまれではありません。こうした場合に必要な日用品等を購入した費用を補償する寄託手荷物遅延補償は、とても実利的な補償といえます。
荷物の搭載もコンピュータ化された時代に、考えにくい事故のように思えますがなぜかよく起こります。「東南アジアのA空港で、B航空会社からの乗り継ぎにはとくに注意!」などと、一部でいわれることがあったりします。
それはともかく、多くの国や地域を訪ねる旅行のとき、なかでもツアーではなく個人旅行をするときはこの補償に注目です。



copyright(c) 2007 tabiblo.com All Rights Reserved.